読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尼崎|顎関節症ー整体はどこまでのことができるのか

顎関節症と申告してくださるお客様のなかには、顎の関節に異常がない方もおられます。そういう方に頭蓋骨の矯正や顎の矯正をしてもよくならない理屈。一度、全身からじっくり見させていただけませんか^^

アゴの痛みも全身から

顎関節症で、とご申告のお客様がきてくださいました。
数年前に口腔外科に行ったときは痛み止めを処方されて「しばらく様子をみましょう」だったそうです。
ということは、顎「関節」に異常がないんだな、って想像することが可能です。
異常があればお医者さんなら手を打ってくれるからです。
(そういう意味では歯医者さんを含め、病院で診察を受けてもらってるとこちらもとても安心です)

 

アゴだけでなく、お顔もこってる?だるい?重い?そういう感じも自覚されているそう。

なにか思い当たることは・・・?とお聞きすると

肩こりもあるし、イライラ・ストレスもあるんです!と即答でした^^;

そのお言葉があったので急きょ、うつ伏せに変えて肩・首からまずコリをほぐしていきました。

 

通常は仰向きから施術していくんですけどね^^

肩こり・・・痛気持ちいいそうです(^^)

背中、腰ときて、ふともも、ふくらはぎまで凝り固まった筋肉をゆるめていきます。

 

今度は仰向けでお腹や肩を。

このあたりで確認するとすでにアゴまわりは楽になっていたようです^^

全身が緩んできたらアゴまわりもだんだんと緩んできますしね。

 

もちろん、そこで終わりじゃなく(笑)ここからようやくお顔、あごまわりなんです。

ほっぺたやアゴ周辺、アゴの裏あたりとか。気持ちよ~くほぐしてはお手当。ほぐしてはお手当。ほぐしてはお手当。

これで確かめていただくと。

お顔も軽く、アゴの違和感も消失していました^^


良かったですー^^

 

歯医者さんが診断した上での、顎関節に異常がないタイプのアゴの痛みはこうやってなんとかなることが多いです。

ただ、お顔のコリをかんじておられるということは、食いしばりや歯軋りも推測されるので今、かかっているところの歯医者さんに相談してみてね、とお願いしておきました(^^)

 

顎関節症の方もネット予約していただけます^^