読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尼崎|顎関節症ー整体はどこまでのことができるのか

顎関節症と申告してくださるお客様のなかには、顎の関節に異常がない方もおられます。そういう方に頭蓋骨の矯正や顎の矯正をしてもよくならない理屈。一度、全身からじっくり見させていただけませんか^^

顎関節症が脚で変化したこともあります^^

歯医者さんで「噛みあわせの問題ですね」と顎関節症の理由を説明されたお客様がきてくださったことがあります。

 

この辺は、歯医者さんと連携していけたらいいなと思います。

整体で骨盤から背骨から頭蓋骨から矯正しますんで、歯医者さんは要りませんよ~歯なんか削ったら終わりですよ~っ当整体院に来てくださいね~って一概に言えないと思うんです。

現に僕のしってる歯医者さんは・・・

 

体に歪みがあったら顎だけやっても意味が薄いから、と整体院であるかいつう館にお客様を紹介してくれる歯医者さんもあります。

 

足からも噛みあわせをみていかれたりします。

腕をさわって開けにくかった口をあけたりもします。

意識が高く常に勉強しておられる歯医者さんはある意味、整体師以上の最先端の知識と技術をもっていたりするんです。

(全部、ここです)

 

さてさて。かいつう館での過去の事例ですが、

足から噛みあわせをみていくノウハウはないんですが

仰向けでお客様のふくらはぎやアキレス腱をきゅっと押さえた瞬間にアゴをあけたときの痛みが減った方がおられます。

「あけやすくなりました!」って。

 

これ以降、顎関節症だと診断された方の脚は必ずさわるようになりました^^

 

お客様に「え!なんで!?」って聞かれるんですが・・・

「顎関節も両側にあって、脚も両側にあるでしょう?だからバランスが影響しあってるんですかねえ」とか言ったり、

「身体の土台は骨盤だ、ていう人もいるんだけど、土って書くくらいだから、土台は土に接する足ですよね。そこがアンバランスなら一番上の頭の関節の一つがアンバランスになることもありえますよね?」とか説明したり。

 

正直、これだ!ってまだ説明できませんし、すべての人が脚で変化するわけでもないのですけど。僕も「面白いなあ、人間の身体って」って感じてる一場面です^^

 

そして、冒頭に書きましたが、こういう脚から変わる事例もあるので削ってしまったら終わり、という先生がでてくるのもむべなるかな、ってとこでもあるんですが^^;

 

顎関節の痛みは全身からみてみる整体もテのひとつですよ(^^)

かいつう館では顎関節症でお悩みの方もネットからご予約いただけます。