読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尼崎|顎関節症ー整体はどこまでのことができるのか

顎関節症と申告してくださるお客様のなかには、顎の関節に異常がない方もおられます。そういう方に頭蓋骨の矯正や顎の矯正をしてもよくならない理屈。一度、全身からじっくり見させていただけませんか^^

アゴの痛みと、たとえば膝の痛みは、別物でしょうか?

アゴが痛いんです、という産後のママさん。

で、どういうときに顎が痛いのかというと。

 
「お風呂を洗うときです」とのこと。
あとは、朝、起きたら顎が痛いこともある。
僕もはじめてであった「パターン」です(苦笑)。

 
ちなみにしゃべっててもものを食べても、口にはなんの症状もないらしいんです。

食べるために口を開く、食べるために噛む、ではアゴは痛くないと。
顎関節になにか問題があれば、その時点でもなにか違和感は出ると思うので、あんまり顎は心配ないのかな、とも思います。

 
ここで顎関節にとらわれなければ、ですね。
お風呂を洗うときに腰が痛い。
お風呂を洗うときに肩が痛い。
お風呂を洗うときに膝が痛い。
こういうことは僕もよくお聞きするんです。
じゃあ、顎だけ特別か?というと、同じ人体のなかのことですから、顎だけが別の原理で痛くなると決め付ける必要はないと思うんですね。歯があるだけ、他とは違いますが(笑)

 
では、お風呂を洗うときに膝が痛い、というのとお風呂を洗うときにアゴが痛い、というのと同列にくくっっちゃっても良いんじゃないか、と僕なんかは思うわけです。
腰が痛い。
顎が痛い。
と分けたらこの二つはまったく別物ですよね。

腰痛と顎関節症です。

 
だけど、
お風呂を洗うと痛い、というシチュエーションでくくるとこの二つは同類ですよね。
なんと、「見方(括り方)が変われば」まったくの別物が同じ項目に分類することも可能になります。
痛い場所じゃなく、痛いシチュエーションでまとめると、「同じ」だったりします!

 


まず、目の前でお風呂を洗うマネをしてもらいます。

マネでも痛いとのこと。
見たときに「あ、、ここかな」と思うところがあったのでそこを押えて同じことをしてもらうと「痛くないような気がします」と。
試しに自分でも同じことをしてみます。やっぱり「ここと、もしかしたらここも」という感覚があったので、一度ベッドに寝ていただいて施術。
もう一度、立ってもらってお風呂を洗うマネをお願いしてみます。

 
今度はバッチリみたいです。
念のために、立った状態でもポイントになるところ、をいくつか押えておきます。一応、この場ではアゴの痛みは消失しました。
とはいっても、実際にお風呂を洗ったときにどうなってるか、は確約できませんが、少なくとも最初に真似してもらったときにあった痛みはゼロになったみたいです。

 

顎関節症だ、とくくってしまうと、それはもう、歯医者さんの領域です。

でも、アゴが痛い、どういうとき?お風呂を洗うとき。というふうに痛くなるシチュエーションを追いかけていくと、案外、その痛みは腰痛や膝痛と同列だったりする。

 

こういう見方ができるのが整体院の強みかなと思ったりもします(^^)

 

アゴの痛みでお悩みのかたもぜひネットから♪