読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尼崎|顎関節症ー整体はどこまでのことができるのか

顎関節症と申告してくださるお客様のなかには、顎の関節に異常がない方もおられます。そういう方に頭蓋骨の矯正や顎の矯正をしてもよくならない理屈。一度、全身からじっくり見させていただけませんか^^

関節ではない顎関節症もあるようです

顎関節症という名称から、どうしても「アゴの関節がおかしくなってる」という先入観を持ってしまいがちです。

 

アゴの関節がおかしくなってる場合はそこはやはり歯医者さん・口腔外科さんの領域かと思います。

 

ただ、僕が整体院としていろんな方を見させていただいて思うのは、

「関節」ではなく「筋肉」が要因のときがある、ということなんです。

 

そもそもなんですが、骨盤でも腰椎でも、「筋肉より先に骨を動かすことはむつかしい」はずです。

手の指一本でも、動かすには筋肉を使うのであって骨はその方向に同じタイミングでついてきてるだけ。

 

アゴに関しても、筋肉が使われて骨が従ってるはずです。

骨・関節がズレて、あとから筋肉がこわばる、なんていうことはそうそうあるものではありません。

なので、医学的に関節に異常があるとはっきりしてる場合を除いては、筋肉へのアプローチで口を開くときの痛みを変えていくことはできたりもします。

 

まずは歯医者さんで診てもらった上で、

筋肉をみる整体院に足を運んでみてください(^^)

 

アゴの痛みでお困りの方は、ネット予約もご利用いただけます^^